店舗を新規に開業させるまでの段取りを追ってみれば・・・

新規開業はまず店舗物件を探すことから・・・

店舗を開業する場合には、まず店舗物件を探すことになります。その業種にもよるわけですが、賃貸店舗の物件に当たりながら、いくつかの出店候補地を選びます。その立地や店舗物件の内容、入居時費用や賃料などのコスト面から総合的に判断して、いくつかの候補物件を絞り込んで、物件仲介をしている不動産業者と交渉をします。不動産業者との交渉の結果、その候補物件の中から妥当と思われる物件の契約できることになったら、そこを出店地とすることに決定します。

店舗物件が取得できたらいよいよ出店の準備に・・・

不動産業者を介して家主との賃貸契約を行い、入居日が決まったら、いよいよ出店のための具体的な準備に入ります。具体的な出店の日時を決定し、それに合わせて出店のための段取りをして行くわけですが、出店を告知する準備をしながら、店舗に入居してからは、出店予定日までに当日に開店することができるよう、店舗を整えておかなければなりません。飲食店のような設備を要する業種ではなく、物品の販売店である場合には、店舗のレイアウトが出店準備の主眼となります。

開店予定日には滞りなく店がオープンできるように

店舗のレイアウトを整えると共に、電話や電気、水道といったインフラを完備させ、レジなどの必要な事務機器を搬入して、使えるようにセットアップすることになります。自前で店内レイアウトができない場合には、専門の内装業者に依頼して、レイアウト工事をしてもらうことになります。また、開店日には販売する商品が全て準備できているように、商品を仕入れる業者との交渉を詰めておき、商品搬入の段取りを全て整えておく必要があります。こうして準備万態を整えた上で、開店予定日には滞りなく店がオープンできるようにしておくのです。

店舗物件とは、一般の住宅用物件とは異なり、購入物件で販売店などの店舗を構えようとしている人が購入する物件のことをいいます。