不動産会社を味方につけて、良い物件を見つけよう

釣り広告って本当にあるの?

インターネットなどで家賃の安い良い物件を見つけ、不動産会社に問い合わせをすると、その物件はもうほかの人に決まってしまった、と言われることがあります。実はそんな物件ははじめからなくて、客を釣るために載せている物件だ、という話を聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。確かに昔はいわゆる釣り広告があったのも事実ですが、今はそんなことをしている会社はほとんどありません。ある程度物件の情報を載せなければいけませんから、そんなことはしたくてもできないんです。

探せば掘り出し物の物件がある!

狙っていた物件が既に決まってしまっていたら、誰でもがっかりしますよね。ですが、賃貸物件はたくさんあります。釣り広告だなどと決めつけずに、気を取り直してもっと良い物件を探してもらいましょう。確かに相場よりも著しく家賃が安い物件は何か理由があるでしょうが、その理由が気にならない人にとっては掘り出し物であることに違いありません。掘り出し物物件は、常に少しはあるものです。そして、良い物件を見つけるには不動産会社の協力が不可欠です。

営業マンも人の子、味方につければ得

不動産会社は、物件を紹介して契約を成立させるのが仕事ですから、基本的には一生懸命希望に合う物件を探してくれます。しかし、不動産会社の営業マンも人の子ですから、感じの悪いお客よりも、好感の持てるお客のほうがより親身になってくれるはずです。営業マンを味方につければ、良い物件が見つかる可能性も高くなります。自分は客だとおごらずに、丁寧に対応をすることが結局は自分のためになると思いますよ。自分の都合ばかりを押し付けず、相手の予定も聞いてあげると印象は良くなるでしょうね。

賃貸とは、主にマンションの一室や戸建て、店舗となるテナントなどを借り、家賃を支払う契約の事です。その場所を利用し続ける限り、家賃を支払う義務が発生します。